災害食にフリーズドライ食料を!

2013.12.28

12/14の日本災害食学会 第1回研究発表会で
お知り合いになった、株式会社 極食(きょくしょく)の
阿部幹雄社長さんから、
今日、南極と宇宙のごちそう”極食”の試食サンプルが
送られてきました。

ほっけの煮付け(主菜魚介類)  880円
北海道十勝牛のすきやき(主菜肉類) 980円
細切り牛肉とピーマン(主菜肉類) 780円
キーマンカレー(主菜肉類) 880円
猿払産ほたてとキャベツの炒め(副菜) 780円
2013年12月5日現在の希望小売価格です。

南極観測隊の料理人が作りました!!と書いてあります。
そうです。彼は3年連続して南極観測隊員だった方です。

私は以前から、家の備蓄でもですが、
「車の備蓄食料」に向いた食料を考えていました。
夏場50度以上になる車内でも保存ができる食品として
フリーズドライがいいと知りました。
お湯を注いで食べるが、水でもいいし、
水がないならそのまま食べてもいい。

フリーズドライにすることで、
重量は約1/4になり、ビタミンやミネラルは
そのまま保存できている。

ただ・・・考えただけでも味がおいしくなさそうと
勝手に考えていました。

猿払産ほたてとキャベツの炒めを
いただいたのですが、食べてみて驚き!!
いい意味で裏切られました。
おいしかったのです。本当に!!

生ごみもでないで、これはいいですね。
賞味期限2年だそうです。

お勧めします。

フリーズドライ

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら