モノがあふれた家の中 

2015.03.16

「『当てはまっていました!』<br /><br />
モノがあふれていた家の中、<br /><br />
きっとその時屋根を外せたら<br /><br />
こんな部屋でしょう・・・</p><br />
<p>東日本大震災の時、備蓄どころでない<br /><br />
日用品が出しっぱなしの家でした。</p><br />
<p>片づけのプロとして思うこと、<br /><br />
一般のお宅に行って、<br /><br />
家の中にあるモノの6割くらいは、<br /><br />
1年以上使っていないと思われることです。</p><br />
<p>1年使わないというものは、<br /><br />
2年、3年使わないで、そのうち<br /><br />
しまっていることすら忘れられてしまっています。</p><br />
<p>3.11 東日本大震災で被災したことで<br /><br />
防災備蓄に取り組むようになり4年経ちました。</p><br />
<p>*イラストはインテリアコーディネーターさんに<br /><br />
描いてもらったものです。<br /><br />
私が描いていません(笑)」

 

『当てはまっていました!』
モノがあふれていた家の中、
きっとその時屋根を外せたら
こんな部屋でしょう・・・

東日本大震災の時、備蓄どころでない

片づけが苦手でした。

よく日用品が出しっぱなしになっていました。

東日本大震災後、整理収納アドバイザーの資格を取りました。

片づけのプロになって思うこと、
自分だけでない、他のお宅に行っても、
家の中にあるモノの6割くらいは、
1年以上使っていないと思われることです。

1年使わないというものは、
2年、3年使わないで、そのうち
しまっていることすら忘れられてしまっています。

3.11 東日本大震災で被災したことで
防災備蓄に取り組むようになり4年経ちました。

*イラストはインテリアコーディネーターさんに
描いてもらったものです。
私が描いていません(笑)

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら