夏場の被災を考える!

2015.05.13

防災備蓄講師をしています岡部梨恵子です。
自主開催のセミナーはいつですか?というお問い合わせを
いただいていますが、今のところご案内できるのがないのです。
できるだけ早く開催できるようにしたいとがんばっています。
すいませんがお待ちください。

この2日ほどの間に、
台風・地震・夏日が一緒に来た・・・
阪神も、東日本も大地震は冬場だったのです。
想像してみませんか? 夏場に被災した時を・・・

 

 

 

 

夏場の配給の時
長蛇の列に並んでいる間、虫に刺されしませんか?

ゴミの収集が来れなかった場合、各家庭で
保管するように指示があったら…
ベランダはどんな臭いになるでしょう・・・

他にもたくさん想像できると思います。

今日 夏場、台風と一緒に地震がきたらと・・・
考えてみませんか?
きっと気づきがあると思います。

とFacebookに投稿したら、ライフオーガナイザーの
山本晃子さんからコメントがきました。

 嬉しいじゃないですか!
私の問いかけに考えてくださった
ライフオーガナイザーの山本晃子ちゃん
http://ameblo.jp/akikoyamamoto-lo/
彼女のコメントを紹介します♥
 夏日に、普段の生活では要らないな~と思っていた
「うちわ」を備蓄品に入れておこうと思いました。
ふだんはエアコン・扇風機・扇子ですけど、
うちわでバタバタあおぎたくなりそうです・・・。
ちっちゃいことですみません。

「うちわ」は暑い時、あおぐことができますよね。
でもそれだけでないのです。

 

「うちわ」は・・・ガラスなど飛散した床を歩く時、
軍手がそばになくっても、ガラスの破片をどけることができます。
そう危ないガラスを手で触らないで、歩く道を作れるのです。

 

だから各部屋に「うちわ」を置いていたらいいのですよ。
晃子ちゃんえらい~

 

それではおまけもお伝えしますね。

写真に写っている紙袋ってあるでしょう。

小さいタイプがいいわね。

このくらいの紙袋は飛散したガラスを捨てる時いいから
うちわと一緒にコンビで置いておいてください。

うちわでガラスの破片を集めてすくって、紙袋に入れるのですよ!!

うちわの下にある袋です。
LINEcamera_share_2015-05-13-22-11-04

あ~まだまだ話したいな~
お役に立てることが見つかったらまた投稿しますね。

梶原あかりさんも今考えてくれているから
22日お会いした時聞いてみます。

 

ホント、防災備蓄は心の備えが大切なのです。
ちょっと考えてみませんか?

岡部のPV動画 6分ほどです
是非見てください。

 
https://youtu.be/87S7cegYXgU

 

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら