被災しても作る それが大切!

2015.07.06

冷蔵庫の食材を使い切る!』
岡部 梨恵子さんの写真

肉、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、

キャベツ、卵・・・

冷蔵庫によく入っていませんか?

牛乳はスープ、デザートにも使えます。

 

被災した時、腐らせることなく冷蔵庫の食材を
使えるといいですよね。

 

そこを意識して弁当を、
ビジネスホテルの部屋で作ってみました。

 

被災して停電したら冷蔵庫の食材を使って
食事を作りませんか?

 

温かく美味しいものが食べられます。
経済的にも安価でできます。

岡部 梨恵子さんの写真

たとえば
災害食でかぼちゃの煮物を買うと
一口大のかぼちゃ4個入って320円もします。

 

ポトフが1人分 500円ほどするのもあります。

 

経済的にも冷蔵庫の食材を備蓄食としていたら、
あとはごみや排水を減らせる調理法を知ればいいのです。

パッククッキング(ポリ袋調理)は、
備蓄スペースも減らせるし家計にもやさしいのです。

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら