ちょっと待って 水流すの!

2015.11.07

地震に備えて風呂の水をトイレのためだったらちょっと待って!

 

岡部 梨恵子さんの写真

 

「揺れがおさまったら、まず水を貯めろ」これって本当?

特にマンションに住んでいる方、
揺れ終わったらすぐに、
風呂、バケツ、シンク、なんでもいいですから
出来る限り水を貯めましょう。

 

揺れてすぐに水道管が壊れて水が出なくなるけど、
マンションだったら屋上の貯水槽にまだ水がある。
それを貯めるというのを読んでどうしてだろうと
思ったのです。

火を消すためではなく、「トイレ用」だそうです。

だから、「まず、水をためろ!」だそうです。

でも実際に被災した場合、断水もだけど、
下水道管の破損などにより
「使っても流せる保証がない」では
ないでしょうか・・・

岡部 梨恵子さんの写真

 

お風呂に常に水を張っている方、
「配管の破損」したらマンションなどの
集合住宅の場合階下のお宅に大迷惑をかけてしまうことに
なります。

また戸建の場合も、建物に損傷がなくても
浄化槽や途中の配管に損傷があった場合、
やはり流せないということになるそうです。

配管や浄化槽に問題がなかったとしても、
下水処理場自体が被害を受けていた場合も
同じだそうです。

行政の防災担当者に聞きました。

よくお風呂に水を貯めておくように言われていますが、
繰り返しますが、
外観では被害を受けていないように見えても、
排水管が壊れている場合、
壊れた状態の排水管にそのまま水を流すと、
下の階の住居に水漏れなどの被害をもたらしてしまいます。

実際に阪神淡路大震災の時もあったそうですし、
実はうちのマンションでも東日本大震災の時
被害に遭われた方いました。

汚水汚物が天井から・・・しみでてきたのです。

排水管が破損されていないことを
確認するまでは、排水、トイレの水を流さない方が
いいでしょう。

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら