え!かびるの???

2015.11.14

「岡部 防災テキスト」にお申込みいただき有難うございました。

12月末までに全員にお送りさせていただきます。

ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザーの方々

OKですよ。遠慮なさらないでください。

私は、「片づけのプロが日本の備蓄率を上げる方々」だと

思っていますからね。

 

前置きが長くなりすいません。

 

それでは今日もスタートします!

 

被災したら、給水車から水を運ぶためにも、
飲料水用のポリタンクは用意しておきましょう!

ってある防災マニュアルに書いてありました。

 

え・・・ここまでの情報でいいの?

そこで質問です。

 

もしあなたが給水車から家まで飲料水を運ぶことしたら、
次のどれで運びますか?

 

実はこの中のあるもを使うと、
とんでもないことがあるので
知っていていただきたいです。

飲料水を運ぶ容器は主に、

① 普通のポリタンク

岡部 梨恵子さんの写真
② 折り畳み式のタンク

岡部 梨恵子さんの写真
③ ダンボールにゴミ袋をかぶせて代用する。

岡部 梨恵子さんの写真

 

などがあります。

 

最近答えで多いのが、②の折り畳み式のタンクを
持っている方です。

 

しかし使ってみるとわかるのですが、
問題があるのです。

 

是非覚えておいてくださいね!

 

折り畳みタンクの欠点

使ったあと、すすいで、キャップを はずして、
いくら天気のいい日に逆向きにして
吊り下げていても

乾かないのです!

 

中を拭くこともムリです・・・

 

そして乾かないまま使い続けると、
内部が白っぽくなったり、カビが生えてきます。

 

阪神淡路大震災では、水道の完全復旧に
3か月かかりました。

 

ですので、大震災時、
家で水の備蓄をしていても、飲料水が
足りなくなることも考えられます。

 

そうなると、給水所と家を、何往復しないと
いけないのです。

 

大変ですね。水は重いですからね・・・

 

それではタンクを買う場合のポイントを
お伝えします。

 

重さや使い勝手だけでなく、
衛生面も考えて準備しましょう。

 

繰り返します。

折り畳みのタンクは、
使うと乾きにくく、カビが生えることがあるのです。

 

普段なら、汚れてきたら水をたっぷり入れて、
キッチンハイターなどを入れて数時間置いて、
カビの除去ができると思いますが、
被災時、容器をゆすぐための水は入手できないと思います。

 

だから折り畳み式のタンクは安価なものを
多めに買って、汚れてきたら、新しいものと
交換する。

 

ポリタンクは使い捨てと考えて準備したらどうでしょうか?

 

持っておく個数は、夏場、冬場でも違いますし、
震災の大きさでも長期的に給水車を使わないと

いけないかで違ってきます。

 

試しに、ひとつ買ってみて、どのくらい乾かないものか、

実験してみると、用意する個数を決められると思います。

 

参考に、私は折り畳み式のタンクを5つ備蓄しています。

 

別にこんなタンクもあります。

岡部 梨恵子さんの写真

タンク内側に光触媒酸化チタン皮膜コーテングを施していて、
病原菌が殺菌されていなくなるというタンクです。

このタンクに水道水を入れると、
光触媒殺菌力で水道水を取り替えることなく
3年間保管することもできるようです。

光を当てることで殺菌作用が起きるそうですので、
普通のタンクと違ってタンク内側も衛生的にできそうです。

光触媒酸化チタン加工20Lタンク¥1,780(税別)
*ご注文は4個以上から受け付けるそうです。

http://www.kdd1.com/099/medetanku000.html

 

ご参考にどうぞ。

私も今日知ったので備蓄はしていません。
それでは今日はこの辺にしますが、

③ 身近なモノでまかなう方法 ダンボールにゴミ袋をかぶせて
代用する。

これも私は疑問視しています。

そのことを明日ブログで書きますので、それまで
どんなことが問題かを考えていてください。

ダンボールにゴミ袋をかぶせて代用する。
身近なものを代用できてよさそうなのですがね。

明日しっかりお伝えしますから、
あなたも考えてみてくださいね。

宿題にさせていただきます。

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら