キャリーバックの恐怖 両手が使えない・・・

2016.01.11

『防災用品を、普段使わないスーツケースに
いろいろなものを入れていますがどうなのでしょうか?』
ご質問いただきました。

 

大震災後、道路のアスファルトがめくれたり、ガラス片が散乱した中では、…
そのまま持ち出すのは大変危険です。

がれきやアスファルトがめくりあがったところで
キャスター(タイヤ)が動かなくなる可能性があります。

キャスターが動かなかったら両手で抱えるしかないです。

防災上で言うと、出来るだけ頭を守れるように、
両手は空けておきたいのです。

非常用持ち出しグッツを入れるものは、

①背負える

岡部 梨恵子さんの写真

 

②ショルダーにできる

岡部 梨恵子さんの写真
③キャスター(タイヤ)で運べる

岡部 梨恵子さんの写真

 

3つの動きができないと
災害時役立たないでしょう。

 

紹介しているのは防災用品が入ったもので
売っているものです。
比較的高いので、代用として

「ソフトキャリーバック」でもできます。

 

手提げひもの部分をリュックのようにして、
背中に背負うことができるからです。

岡部 梨恵子さんの写真

ecoq ルコック スーツケース キャリーケース
参考価格 9,800円
http://store.shopping.yahoo.co.jp/richard/lc-36938.html

ご参考にどうぞ。

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら