みんなと同じ食べ物を出されることはあります。アレルギーの方大丈夫ですか?

2016.03.14

避難所に行くと、アレルギーの方も、

みんなと同じ食べ物を出されることはあります。

非常時ですから。
炊き出しの中にはアレルギー食材が入ってある場合もあり、

危険と隣り合わせなのが現状なんです。

食物アレルギーの講座を2年前から色んなところでしてきましたが、

昨年は銀座で二回、防災備蓄で有名な岡部さんと

コラボで災害時のアレルギー対策についての講座をさせていただきました。

なかなか自治体のアレルギーに対する対応ができていない中、

災害用アレルギー備蓄は東北の震災から5年、

備蓄をしてない自治体が1/3以上あるらしく、

備蓄…していても、いざという時運ぶマニュアルがきちんとできていないと言うのも現状。
アレルギーを持つ本人や家族は、食べるものがないという不安と、

食べてアナフィラキシーを起こす不安、色んな不安があるという複雑なご意見。

アレルギーの赤ちゃんに対する粉ミルクの対策、備蓄はあるが、

いざという時、運ぶマニュアルがないという現状!
備蓄はあっても、届かないなら意味がない!

しっかりした対策を早急に各自治体で進めてほしいと思います。
新潟県では、小麦アレルギーの子にライスクッキーを備蓄開始!

私立保育所の園児たちに普段からアレルギーでない園児にも食べてもらうことで、

味に慣れて、いざという時に備え始めてるという映像。

患者や家族にどんな備蓄が必要なのか、対策を進めてるという内容でした。
これから、北海道でもいつ震災が起こるかわからない今、

私1人の知識では小さなことだが、
看護師の経験と野菜果物アレルギーに対しては野菜ソムリエの知識を使って、

アレルギー対策講座も開催して少しでも役に立ちたいと

月曜の朝から熱く語っちゃいました(#^.^#)
さぁー太陽も昇ってきました。
今日も一日頑張りましょう

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら