地震管制運転装置付きエレベーターって大丈夫?

2018.01.28

エレベーターについて調べました。

地震管制運転装置付きって
それで閉じ込められたりはしないの???

 

いえいえ・・・

急行エレベーターで

最寄り階までの距離が長い場合や、

最寄り階に停止する前に

故障が発生した場合には、

階と階の間で閉じ込められてしまう

可能性がある。

 

 

その上をいくシステム

 

 
停電時自動着床装置

(トスランダー)といいます。

動画でご確認ください。
https://www.youtube.com/watch?v=dRbGszlsPlc

一般的なマンションの装置は、

地震時管制運転・・・ 地震発生時、感知器が揺れを検出し、

直ちに最寄階へ自動着床してドアを開きます。

ただ、揺れが大きかった場合などは、故障して

最寄階で停止できない場合が
あり、心配されています。

そこで安心なシステムを付けられたものが
出てきました。

停電時自動着床装置・・・
万一、エレベーターが停止階間で停止した場合でも、
エレベーターの安全を確認した上で、
自動的に最寄りの階まで低速運転し、
ドアを開きます。
動力源としてバッテリを備えています。

安全性は絶対とは言えませんが

かなり閉じ込められない安全な装置が
ついたエレベーターだと思います。

ご参考にしてください。

防災アドバイザー 岡部梨恵子

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら