ブログのイメージビジュアルです。

なんでもかんでも、 地震が来たらテーブルの下じゃない 古い木造住宅の場合、ケガを覚悟で外に飛び出す! 家が倒壊し潰れた中、持ちこたえたテーブルはない! 一番命が守られる行動しようよ!
自動代替テキストはありません。
Yさん
そうですね。なんでも一律に考えず、
それぞれに応じた適切な方法を考えることが大事と思います。
そのためにも「それぞれ」の特質(耐震性能、置き場所、咄嗟の脱出経路、等々)を
普段から抑えておく必要がありますね。
 
岡部より
Yさん おっしゃる通りです。 なんでこんなこと、ずっと言い続けているのでしょう。 行政もメディアももっと考えて発信してほしいです。
防災アドバイザー 岡部梨恵子

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら