宝島社から出ました防災本 浸水想定データに問題‼を追及しています。

2020.01.09

今日宝島社から発売されました。
自衛隊、防災アドバイザーなどが
指南して出来た防災本です。

台風19号で私が大変驚いたのが、
都道府県によって
ハザードマップを
作るために必要な
浸水想定データが、
法律で定める
「最大リスク」を
反映してなかったことです。

豪雨リスクを低く見積もっている
ハザードマップが
出回っていたことです。
結果
浸水想定範囲でなかったことで、
避難が遅れ、
被害拡大につながった
可能性が高いところがありました。
まずはハザードマップを見て
くださいと言っていましたが、
これからはそれは言えません。

 

想定される最大リスクを踏まえた
ハザードマップを作成する様に
強く訴えていきます。
防災アドバイザー岡部梨恵子

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら