JDA-DAT鹿児島 (災害支援栄養士)が動いてくださっています。

2017.09.05

朗報!アルファ化米での高校生112名もの集団食中毒、
JDA-DAT鹿児島
(災害支援栄養士)が動いてくださっています。

 

災害時の食を考える学会にも質問書を送ってくださるそう。

食の専門家、
鹿児島の栄養士さんが動いてくれています!

感謝。

 

でも聞いて!
平和ボケの私たちじゃダメなんです!
しっかりしようよ!!!!!
一般の私たちがもっと意識を高くすべきです!
通常の食品の流通では起こりにくい食中毒の危険
備蓄食にはこの危険があるのです。
そして被災時には命の危険を招くことにもなるのです!
安心安全なものを備蓄、

今ある食料を安全においしく調理する術を身に着けることです。

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら