これが真実!本気の防災イベント 国分寺市でやりました。

2018.11.05

これが真実!

防災訓練について
運営側の方々について
まずご自身のお宅の室内安全が万全で、備蓄もされているか、
その条件をクリアーしている方々で開催していただきたいと
思っています。

炊き出し訓練などでトン汁などふるまう方々に、
ご自宅の家具転倒防止策も備蓄もしっかりされていますか?と
聞くと苦笑いされる方もおられます。

だれかがふるまう、炊き出しを待つのではダメ!
自分でやれなきゃ!
本気の防災訓練、
11月4日(日)
国分寺市で開催しました。

自助:共助:公助は、7:2:1の努力が必要と言われる。
大災害後は、自分(家族)でなんとかしなきゃいけない。

全員がそうとは言わないけど・・・
表彰されるくらい防災に取り組んでいる自治会の役員宅
複数件訪問したことがあります。
しかし家具転倒防止策も備蓄も十分でなかったです。

大震災後、あの方々が無傷で家から出てきて、
陣頭指揮できるのかというと
とても不安に思って帰ってきました。
実際、避難所の鍵を預かっている自治会長さんが、
大地震でタンスの下敷きになり亡くなって
避難所の開設が遅れた事例もあります。
今炊き出しをしている役員さんたちの中には、
自宅でケガなどして大災害後、
出てこられない方もおられると思います。

もっと見る

画像に含まれている可能性があるもの:3人、オンステージ(複数の人)、屋外
 
防災アドバイザー 岡部梨恵子

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら