サービスのご案内のイメージビジュアルです。

■労働組合や企業一般の従業員むけのセミナー



「職場でも自宅でも役立つ防災セミナー」
災害時に役立つパッククッキング法(ポリ袋調理)

*パッククッキング(ポリ袋調理)は、スライドで作り方をご紹介をする、または実際にデモをして試食会をすることもできます。

一般従業員対象セミナー
パートさんを含め一般従業員の防災意識を高めるセミナー内容になっています。
参加者は、職場でも自宅で被災しても役立つ防災知識が習得できます。

時間は、1時間〜2時間の間(時間は変更できます)

内容:
 従業員すべてが、会社のコンプライアンスを理解し、被災後に各自が考え行動することの大切さをお伝えします。
 職場で被災した時には、各自冷静にまず自分を落ち着かせる。 その上で、「大きな声で避難誘導」「残存者の確認」「初期消火」「上司への連絡」など自分の任務を迅速に行うことが大切。


例:
職場での防災について
①防災心理を学ぶ

日頃から被災した時に陥りやすい防災心理を知っておく。
従業員たちは、落ち着いて、お客様の安全第一に速やかに避難行動ができるようにするなど・・・
自宅で被災した場合の初動行動も学びます。

自宅での防災備蓄について
②防災グッツの紹介

こだわりの品々の紹介 なぜこれかのか?具体的理由を説明していきます。
寝袋、防災ベスト、ヘルメット、非常用トイレセットなど・・・

③家の片づけと備蓄品収納法について
食の備蓄法をメインに、忙しい主婦でもローリングストックができるようになる片づけから備蓄まで無理なくできる秘密のメソッドをお伝えします。

④被災後の食の事情と災害時に役立つパッククッキングについて
ポリ袋調理で、ご飯と蒸しパン、親子丼、サバ缶を使ったキャベツのカレー蒸しなどご紹介します。

⑤被災後のお金や保険についての知識など
り災証明書や保険請求に必要な知識、被災した家の住宅ローンについての知識

料金については、ご相談承りますので、まずはご連絡ください。

【お問い合わせフォーム】
http://bit.ly/2dTwxqN



■一般の方向けのセミナー・講演会の内容




自分と家族、そして大切な人を守るための防災セミナー
時間は、1時間〜2時間の間(時間は変更できます)


①防災の知識 被災した時の心理状態などを学ぶ
日頃から被災した時に陥りやすい防災心理を知っておく。

②片づけと家庭備蓄の方法
片づかない原因をしり、備蓄する場所の決め方、仕舞い方のポイントを 断捨離グランプリの岡部から学びます。

③被災後のお金や保険などの知識を学ぶ
被災後の保険の請求、り災証明のもらい方など、被災後に大切なお金の 基礎的知識をファイナンシャルプランナーの岡部から学びます。

④ 被災後の食事作りに役立つパッククッキング(ポリ袋調理)を学ぶ
被災した時、洗い物も出さない、美味しく温かい料理を作れる調理法です。
※パッククッキング(ポリ袋調理)は、スライドで作り方をご紹介をする、 または実際にデモをして試食会をすることもできます。
パッククッキング法を動画(YouTube)で限定視聴できる 特典つきです。

紹介していますメニューは
① ご飯
② パン粥
③ にゅうめん(煮込みそ)
④ 親子どんぶり
⑤ ツナとキャベの蒸し物
⑥ マセドアンポテトサラダ
⑦ ういろ
⑧ サバとキャベツのカレー風味
⑨ ポトフ
⑩ 蒸しパン    と盛りだくさんです!

料金については、ご相談承りますので、まずはご連絡ください。

【お問い合わせフォーム】
http://bit.ly/2dTwxqN



■パッククッキング(ポリ袋調理)教室



調理室などで実際に、自分たちでパッククッキング(ポリ袋調理)を作って召し上がっていただきます。パッククッキング法を動画(YouTube)で限定視聴できる 特典つきです。

紹介していますメニューは
① ご飯
② パン粥
③ にゅうめん(煮込みそ)
④ 親子どんぶり
⑤ ツナとキャベの蒸し物
⑥ マセドアンポテトサラダ
⑦ ういろ
⑧ サバとキャベツのカレー風味
⑨ ポトフ
⑩ 蒸しパン    と盛りだくさんです!

料金については、ご相談承りますので、まずはご連絡ください。

【お問い合わせフォーム】
http://bit.ly/2dTwxqN



■あなたのための防災コンサルサービス



防災はみんな一緒でしょうか?
例えば、

目の前が避難所の方と、
避難所が結構遠い方、

同じ家族構成でも
夫が職場の防災要員で
家にしばらくは、帰ってこられない方と、
夫は自営で家にいる方

高齢者でも元気な方と、
高齢者の方で介助が必要な方

子供だけで被災する可能性が少ない方と、
子供だけで被災する可能性が高い方

などさまざまなのです。

家族構成でも、

核家族、乳幼児が家庭にいる方
高齢者の家庭がいる方
障がい者の家族がいる方
ペットがいる方・・・
おられます。

だからこそ、
それぞれの方に合った防災備蓄が
必要になるのです。

ご家族にあったものを、
考えて選んで
持っていただきたいのです。


そこで防災アドバイザーで防災士の岡部の出番です。



家の片づけが苦手で備蓄場所が作れないと言う方、家の片づけから、断捨離グランプリの岡部はレクチャーできます。
片づけも防災備蓄も私がしっかりサポートしますので、安心できる備蓄を一緒に完成させましょう!

防災コンサルの流れ
①防災についてのアンケートにご記入いただきます。
②こちらで、お住いの地域の自然災害について、地盤や避難所の距離など調べて注意点などお伝えします。
③直接岡部と話をし、防災上の悩みなどをお聞きします。
④自然災害について調べました資料をPDF資料にしてお渡しします。
⑤一次避難 非常持ち出し袋を作ります。
⑥二次避難(在宅避難)に取り組みます。
⑦三次避難の非常持出バックを作ります。
*必要な防災グッズなどは、お客様ご負担でご購入いただきます。
⑧防災心理 被災した時の心理状態について学んでいただきます。
⑨我が家の被災時の待ち合わせ場所や連絡法を決めて連絡表を作ります。
⑩被災後のお金、保険の基礎的な知識を学んでいただきます。
⑪最後、書類から防災グッズのしまう場所を決めて収納して終わります。

※別サービスで、片づけのお手伝いもしています。

料金については、ご相談承りますので、まずはご連絡ください。

【お問い合わせフォーム】
http://bit.ly/2dTwxqN


あなたからのご連絡お待ちしています。
防災アドバイザー・防災士   
岡部梨恵子   

このページの記事

ブログのカテゴリ

ブログのアーカイブ

セミナー情報一覧はこちら

コラム一覧はこちら